T. cf. carminea

ブラジルの野生株.2018年ごろに普及する様になった.
カルミネアとされているが,基本種とは比較するとトリコームが濃い.


野生株のため購入しても届いたときにすでに枯れていたり,順化が難しく購入後しばらくして枯れる株が結構あったとのこと.
この株は幸い大きく調子は崩さず成長し,栽培から一年ほどで発根し.
栽培開始から2年と数ヶ月で開花した.2021年1月に撮影したが,この時点では国内開花は数例程度ではないだろうか.
花序が伸びず,開花を見逃してしまうところであった.

栽培環境はLED直下で,水は二日に一回のディッピングで対応した.温度はあまり気を使わなかったが,なるべく風が当たる位置で栽培した.

Recommended Articles

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。