T. ionantha ‘Albo-Marginata’

白斑が入るイオナンタの栽培品種.普通に育てていると最後の写真のように斑の部位がピンクに染まるが,暗所で育てることによって白斑を保ちながら開花させることができる.染まっても染まらなくても美しい品種である.

成長はやや遅いと思われるが,通常の品種と比較しても特に難しい管理は必要ない.
斑が葉の大部分を占める個体はmediopictaと呼ばれ,半分づつになる個体はhalf moonと言われたりもする.
そのため子株が出る時も楽しみが多い.

Recommended Articles

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。