T. barrosoae

Barroso博士の名に由来する,ブラジルで採取された株とのこと.
情報が少なく,本物か定かではないが葉が独特の色をしており,ゲルジーやベルメホエンシスとはまた違う雰囲気がある.
この様に情報が少ないチランジアをまとめるためにこのホームページを作成した.

栽培は容易であり,強光下で特に問題なく成長する.子株も得られ,monocalpicではなさそう.

Recommended Articles

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。